ホーム > 資産活用 > [1]活用の目的

資産活用

土地の活用は、広大な土地を所有する
資産家のためだけのものではありません。
有効な活用が難しいと考えがちな狭小地も、
活用の道はあります。
節税や相続のために対策をとお考えの方や、
有効な活用方法が見いだせないまま資産を放置している方は、是非ご一読下さい。

1 2 3 4 5 6 7 8

活用の目的

まず基本的な事ですが、「何のために活用するのか」という目的を明確にしなければなりません。
意外にも「何となく」「サイドビジネスに良いと聞いたから」といったご相談がたまにあります。
活用の目的が明確でないと、方法も投資規模も定まらず、しっかりとした計画を立てる事ができません。
後々後悔する事にならないためにも、まずは目的を明確にしましょう。

目的に沿った活用方法の検討

活用の目的を明確にしたら、次に検討すべきは、目的達成のための手段です。
一口に活用と言っても、目的や所有する資産の形態、その他の条件により最適な方法が変わってきます。
例えば、最終的に売却の予定があるのか。節税に主眼をおくのか。
資産が個人のものか、共有のものか。法令の制限の有無や相続の問題などでも取るべき手段が変わります。
ずは信頼できる不動産会社に相談してみましょう。

活用の主な方法

土地活用の方法は、大きく売却と賃貸に分かれます。

1.売る
現金に換えて活用する。または等価交換方式でマンション等を取得する
2.貸す
アパート・マンション経営、駐車場経営等

次のページでは具体的な活用方法について紹介します。