ホーム > 不動産売却事例集

不動産売却事例集

名古屋不動産売却110番が取り扱った事例をご紹介します。
ご紹介する事例は、ご本人様の承諾を得た上で、
仮名でのご紹介とさせて頂いております。
売却をお考えの方の参考になれば幸いです。
※物件のイラストはイメージ画像になります。

  • 種別
  • 全体
  • 土地
  • マンション
  • 一戸建て
登録件数:118件

稲沢市 戸建の売却

稲沢市戸建の売却事例
売却価格890万円査定価格670万円
詳 細

任意売却の相談を頂きました。
相談を受けた時点では滞納をしてはおりませんでしたが、頑張っても3ヶ月くらいで支払いが困難になるので売却したいとのことでした。査定をしたところ、残債に対しての価格が大きく下回っており、任意売却以外の方法では売却が難しいとの結論となりました。
任意売却の場合、金融機関にもよりますが一般的には滞納開始から約6ヶ月で不動産仲介業者が任意売却として活動が出来るようになります。
今回は、残り3ヶ月支払ったとしてもその後は困難になるとあらかじめ伺っていたので、次の支払いから滞納してもらい、その分を転居費用に充てることで少しでも現状の負担を減らせるような方法をとって頂きました。(支払いをとめればその分の負債は売却後に債務として加算されますが、現在の状態を考えると少しでも手元のお金を残す方法を取ることが望ましい場合もあります。)このような方法が取れることも分からなかったので、当初から相談して、売却後のことまでしっかりしたと説明を受けられ、不安が解消できたので良かったと言って頂けました。
任意売却のご相談をされる方の多くは、現状や売却後のことについて色々な不安を抱いております。ただ、悩んでいても時間だけが過ぎていき、相談したころには手遅れということもありますので、まずはご相談頂ければと思います。

名古屋市中区 戸建の売却

名古屋市中区戸建の売却事例
売却価格890万円査定価格850万円
詳 細

中区の区分所有マンション(1DK)の売却相談を受けました。
売却を開始した際は賃借人がいる収益物件として販売しておりました。
販売開始後2ヶ月後に賃借人が退去してしまった為、売主様より販売価格見直しのご相談がありましたが、本物件は1DKですが45㎡あり一部の銀行では住宅ローンの取り組みが出来ることが解った為、収益&居住用物件の両方販売方法にて売却させて頂けることをご提案させて頂きました。
その結果、居住用物件として掲載1週間後には居住用物件として使用予定のお客様にお申し込みを頂くことができました。

収益物件の売却としてのご相談を受けた物件ですが、居住用物件の販売という弊社の基よりの強みを活かせた売却事例となりました。

津島市 戸建の売却

津島市戸建の売却事例
売却価格790万円査定価格750万円
詳 細

一年以上売りに残っている為、何とか成約したいと依頼を頂きました。建物に関しては、築年数の経過、空家での期間が長かったため、劣化がひどく建物付での売却は難しいと思われました。売主様は解体費用が負担できない、現状での販売を希望との事でした。内覧の問い合わせが多数入りましたが、成約までたどり着けず、苦戦を強いられました。その中で、住宅メーカー各社に協力を呼び掛けたところ、新築ご検討のお客様のご紹介があり、交渉を経て、買主様での建物解体を条件に無事ご成約となりました。

今回の様に現状のまま住むのは難しく、現況での売却が困難なケースも多く見られます。そのような時は、住宅メーカーなどで、建て替え等、多角的な点でお客様に提案させて頂き、成約まで導かせて頂きます。

北名古屋市(店舗付住宅) 戸建の売却

北名古屋市(店舗付住宅)戸建の売却事例
売却価格3100万円査定価格3100万円
詳 細

店舗閉店に伴う店舗付住宅の売却依頼です。
対象不動産は、駅徒歩圏内の県道沿いに位置した土地面積45坪、建物面積70坪、築25年程経過した鉄骨造3階建の店舗付住宅です。
売主様に話を伺った時の対象不動産の印象はとても良く、多用途からの需要が見込めると予想されましたが、調査を進めて行くと、将来、前面道路が拡幅計画により広がる為、駐車場が無くなってしまうという事が判明しました。
売主様に駐車場が無くなってしまうことで店舗付住宅としての利用価値がかなり下がってしまうことをご説明し、ご希望の売却価格では売れないことを理解して頂きました。
ただ、売主様としては、現在駐車場として使用している為、複雑なお気持ちだったかと思います。私は売主様の気持ちが少しでも和らぐように、こまめに連絡を取り、同じ方向を向いているという事をわかって頂けるように活動していきました。

価格を抑えて販売を開始しましたが、予想通り苦戦しました。成約に至るまでに半年以上掛かり、結果、店舗部分を駐車場に変更して使用するお客様に購入して頂きました。
価格は下がってしまいましたが、売主様も高値で売出していつまでも売れないことを思えば、成約出来て良かったとのお言葉を頂けました。

名古屋市中川区 戸建の売却

名古屋市中川区戸建の売却事例
売却価格1100万円査定価格1400万円
詳 細

築古戸建の売却相談を頂きました。
室内は何度もリフォームを重ねており非常に綺麗でそのままでも使える状態でしたが、築古の木造住宅の為、傾きや越境などの問題がありましたので土地での販売をご提案しました。また、なるべく早く現金化したいとのご希望がありましたので、まずは、弊社のネットワークを生かして数十社の買取業者、建売業者に検討して頂くように声を掛けました。
いくつかの業者で売主様の希望価格に近い金額は出てきましたが狭小地であったため中々あと一歩届きませんでしたが、声を掛けていた隣地の方より購入を検討したいとご連絡を頂きました。商談の末、売主様買主様ともにご納得のいく価格にて契約となりました。
今回は隣地の方との契約となりましたが、早く現金化をご希望される方や取引を簡略化したい場合などは、弊社を窓口として数多くの不動産業者に入札のよる最高額での取引が出来ますので、興味のある方は是非一度お問い合わせください。

名古屋市中川区 戸建の売却

名古屋市中川区戸建の売却事例
売却価格6750万円査定価格6500万円
詳 細

築46年経過している鉄筋コンクリート造収益物件の依頼を頂きました。ネット等の掲載はさけた販売方法を希望しておりましたので過去取引した顧客様のみの紹介で販売開始しました。
鉄筋コンクリート造の耐用年数は47年となっており残存期間が1年しか残っていない物件でしたので買主様の融資が非常に難しい物件でした。基本的に建物の耐用年数は木造で22年、重量鉄骨造で34年、鉄筋コンクリート造で47年になります。この期間を基準として審査する金融機関がほとんどですので買い手が融資を受けやすい物件は価格が高く設定しやすく、逆に融資を受けづらい物件は低く設定しないと取引が難しくなります。
ご紹介したお客様は本業の調子が良く何棟も保有しているお客様でしたので融資が厳しい物件でも無事に融資承認が得られて契約となりました。
収益物件には色々な知識が求められます。今回の売主様は安易に難しい物件だと諦めずご相談頂けたことから良いご縁が結ばれました。

名古屋市名東区 戸建の売却

名古屋市名東区戸建の売却事例
売却価格5090万円査定価格5000万円
詳 細

買替を検討しているお客様から売却相談を頂きました。
当初は依頼を頂けず他社にて販売していましたが半年近く経過しており中々買い手が見つからず、困っていた状況で当社の事を思い出してご連絡頂き売却依頼を頂きました。築25年の住宅でしたので他社は土地として販売しておりました。売主様は建築当時かなりの費用をかけていましたので、できれば建物付で購入してくれるお客様を希望されておりました。まだ十分に建物は使用できる状態でしたので当社は中古建てとして販売開始しました。他社は半年間土地として販売していた物件で、販売価格も土地値でしたので中古戸建で販売すればすぐにでも売却できる自信がありました。販売開始後1か月で建物を活用するお客様と契約することができました。そのまま買替先のマンションも当社で購入手続きをおまかせ頂き、当社に依頼してよかったとおっしゃって頂けました。売却査定時に依頼は頂けませんでしたがその際にしっかりと印象を残しており、当社にまかせて頂ければ何とかなると思って頂けた案件となりました。

名古屋市西区 戸建の売却

名古屋市西区戸建の売却事例
売却価格1650万円査定価格1600万円
詳 細

ご両親が亡くなり使わない家を処分したいとご相談頂きました。
室内に残った荷物が多く、処分が大変そうなので処分業者を紹介しましたが
30万もかかるなら自分で少しずつ処分していくとの事でした。
売却の為には遺産分割協議書にもとづく相続登記が必要なことを説明し、司法書士を紹介して手続きに入りましたが、半年たっても荷物が片付きません。
売主様も「売却に良い時期を逃したのではないか?」との不安と、片付けないといけない事がプレッシャーになっている様子でしたので、大きくて大変そうな荷物のみ業者で処分して費用を圧縮し、燃えるゴミはご自身で処分して頂き売却に進みました。
駐車場のない戸建物件でしたが、すぐに多くの反響を頂き約2か月で成約に至りました。

名古屋市南区 戸建の売却

名古屋市南区戸建の売却事例
売却価格6100万円査定価格6000万円
詳 細

諸事情による自宅売却の依頼です。
対象物件は土地面積80坪以上、建物面積70坪以上の完全独立型2世帯住宅です。
このような物件は仲介市場には滅多に出回らない反面、必要としている消費者も少ないのが現状です。更に築年数が3年にも満たない為、積算価格上では相当な高額物件となってしまいます。只でさえ2世帯住宅を必要としてる方が少ない中で、積算上の価格で売ろうとしてもこれは無理な話です。
何故ならその価格では、土地から買って新しく建てる事が出来るからです。
どうすれば良いか??ですが、“新しく建てるよりもコストパフォーマンスが良い”と思わせられる価格にするのです。事実、当初は他社にて積算価格で販売していたのが全く話にならず、私のアドバイスの基で価格改定をした結果
購入者を見つける事が出来ました。全ての不動産に言える事でないのですが、時には価格面を消費者心理に合わせる事も重要なのかもしれません。

半田市 戸建の売却

半田市戸建の売却事例
売却価格2480万円査定価格2400万円
詳 細

相続で取得した市街化調整区域に建つ家は売れないのか?とご相談頂きました。
いろいろと要件を調べてみましたが、やはり再建築することはできず、相場価格の4割になれば良いのでは?という査定になりました。そこで現在相続人の住んでいるご自宅を売却し、ご自身は相続した家を改装して住んでいくご提案をさせて頂きました。
気に入っているご自宅でしたが、ちょうどお子様も生まれ近い将来手狭になるので
結果すべてがうまくいきました。

登録件数:118件