ホーム > 不動産売却事例集

不動産売却事例集

名古屋不動産売却110番が取り扱った事例をご紹介します。
ご紹介する事例は、ご本人様の承諾を得た上で、
仮名でのご紹介とさせて頂いております。
売却をお考えの方の参考になれば幸いです。
※物件のイラストはイメージ画像になります。

  • 種別
  • 全体
  • 土地
  • マンション
  • 一戸建て
登録件数:94件

名古屋市緑区 土地の売却

名古屋市緑区土地の売却事例
売却価格1780万円査定価格1700万円
詳 細

不要資産の売却依頼です。
売主様からお話しを伺ったところ、父親が何十年もそのままにしておいた土地を売却したいが、遠方に住んでおり、なかなか名古屋へ行けないので、売却できるかとご心配されていました。まずは、不安を取り除き安心してまかせて頂けるように電話・メールなどを使い、販売方法・ご売却時の流れ等を一つ一つご説明していきました。
対象不動産は、造成・擁壁工事などを行う必要があり、相当な費用が掛かってしまう為、成約価格等に影響が出る可能性があることをお伝えし、売主様にご理解いただいたうえで販売を開始しました。
早速、販売活動を行ったところ、お問い合わせはあるものの、隣接地の擁壁の高さが気になる方が多く、また造成費用なども掛かる為、なかなか良い結果が出ませんでした。
しかし、粘り強く販売活動を行った結果、価格交渉はございましたが、良いお客様に巡り合うことができました。
売主様にも思っていたよりも高く売れたと喜んで頂くことができました。

北名古屋市 土地の売却

北名古屋市土地の売却事例
売却価格1100万円査定価格1000万円
詳 細

相続により取得した不動産を、現金化したいとご依頼頂きました。
対象不動産は、築40以上経過した建物が建っており、戸建住宅として売却するのは難しい為、古家付の土地販売を行い、買手が決まってから解体を行うのが良いとご提案しました。ただ、売主様に話を伺った所、現金が必要になるので1ヶ月以内に売却したいとのお申し出がございました。その為、個人のお客様への売却では時間が掛かるので、隣接地等に声掛けして購入希望者が現れない場合は、業者買取りになることをお伝えしました。
不動産業者が買取る場合、個人のお客様に比べ価格はかなり下がってしまいますが、早期に現金化でき、現況のまま引渡しができるというメリットがありますので、売却後の心配は無くなります。
売主様はそのまま何もしないで売却できるなら、話を進めてほしと内容にご納得頂き、無事取引を成立させ、現金化することが出来たと喜んで頂けました。

名古屋市中村区 土地の売却

名古屋市中村区土地の売却事例
売却価格4500万円査定価格4000万円
詳 細

相続で取得して売却を検討しているお客様から売却相談を頂きました。お客様からお話しと物件の調査を進めていくと本件土地の裏に反社会的勢力の事務所が存在していることがわかりました。当社以外にも大手2社の売却相談をしていたようですがその2社からは販売できないと断られていました。当社はその土地所有者が反社会的勢力でなければ近隣にそのような事務所等が存在しても売却は可能だとお話ししました。
このような場合は過去の判例からも相場取引価格の7~8割ほどになると説明させて頂き、依頼を頂きました。販売当初は金額が一般的より安価な為多くの反響がありましたが反社会的勢力の事務所の説明をするとほぼ検討外になっていきました。販売期間も半年を超えてきてから自社の事務所用地で購入されたいお客様と契約することができました。
反社会的勢力との取引は現在非常に厳しく法整備されております。だからといってその事務所等がただ近くに存在するからといって販売できないことはございません。
そういった物件でも販売できるノウハウはありますので安心してご相談して頂ければと思います。今回のお客様も2社に断られ売れないと思っていた土地が売却できて非常に喜んでおりました。

あま市 土地の売却

あま市土地の売却事例
売却価格1400万円査定価格1350万円
詳 細

築40年以上経つ土地・建物を売却したいと70代のご主人から査定の相談をうけました。40年以上住んでいたそうですが、息子ご夫婦が新築2世帯住宅を建てたのでそちらに引っ越すとのことでした。査定で建物には金額が付かず、解体更地にし、土地での売却になる旨お伝えいたしました。査定額、売出金額にも納得して頂き販売をしました。
南向きの間口も広い整形地だったため、売出金額は、近隣の相場より高い金額で買い石いたしました。時間はかかりましたが、査定額より50万円高い金額で売買が成立し、売主様も納得していただけたと思います。
思い入れのある不動産を手放すことになるので弊社では売主様に納得して頂ける金額で売却できるよう営業活動を行っています。

あま市 土地の売却

あま市土地の売却事例
売却価格320万円査定価格250万円
詳 細

相続した土地を売却したいとの相談がありました。
あま市の市街化調整区域の土地で、もともとは土木会社に資材置場として貸していたそうですが、今現在は借りてもなく物件の管理も出来ない為処分したいとのことでした。実際物件を調査したところ既存宅地でもない為、建築物の建築は出来ず、売れても坪3万円の250万円ほどだと伝えました。売主様は実際売れるのであればそこまで金額はこだわらないとおっしゃっていました。
とりあえず売主様のご要望で350万円にて売り出しを開始しました。弊社のホームページを見た物件の近隣の建築会社から問い合わせがあり、高速の入り口も近いし、金額も手ごろだし、購入したいとの申し出がありました。残置物がかなり物件に残っていたので、そのまま引き取るから350万円から30万円引いた320万円で購入したいとのことでしたので売主様にそのままお伝えし契約が成立いたしました。
弊社では売主様の貴重な財産である不動産を預からせていただきますので、より良い販売方法で、少しでも良い条件で売却できるよう心掛けています。

名古屋市天白区 土地の売却

名古屋市天白区土地の売却事例
売却価格2500万円査定価格2000万円
詳 細

相続した古家の売却相談を頂きました。
現地を確認したところ、建物は古く、連棟式のような解体が難しい物件で、更には土地が20坪以下の狭小地であった為、隣地との協力のうえ売却することを提案しました。隣地の方は居住しておりませんでしたので、現住所へ伺い、使用していないことを確認し、共同売却の提案をしました。
もともとは5筆つながった土地の真ん中の所有者様からのご依頼でしたが、両隣の2名の所有者様から共同売却しても良いと連絡を頂き、50坪以上の良い条件で土地販売が出来る状態となりました。
販売からは1週間ほどでお申込みが入り、すぐに契約となりました。全ての売主様が売却したいけれど、土地が小さいし、隣地の方の連絡先も分からないし、どうしたら良いか分からない中、今回の提案があり無事に売却出来て良かったと満足して頂けました。
相続などで狭小地や連棟式の建物を所有した場合、どうしようもないと諦められる方もいらっしゃいますが、色々な方向から売却のご提案させて頂きますので、どのような内容でも一度ご相談ください。

名古屋市北区 土地の売却

名古屋市北区土地の売却事例
売却価格1400万円査定価格1350万円
詳 細

弊社ホームページを見て、土地売却のご相談を頂きました。
ご相談内容は、親族の不動産を相続するのだが、どのように売却まで進めればいいのかわからない、相続人が複数人いるがトラブルにならないか?とご心配をされております。すぐにお会いしてヒアリングをさせていただき、まずは司法書士にて相続登記を行っていだきました。土地自体は隣地からコンクリート基礎、ブロック塀が越境している状況となっており、この点でも売主様は非常にご心配をされておりました。隣地所有者の方とは何度もお会いし、トラブルにならないよう、越境解消をお願いしたところ何とか承諾していただき、無事に売却可能となり、住宅メーカー様にご紹介させて頂きました所無事ご成約となりました。

今回の件は複数人での相続、対象物件への隣地からの越境等、トラブルになるような点が多くあり、慎重に進めていく必要がありました。その中で、依頼主の相続人代表者、司法書士、越境物を解消をした工事業者等、皆様で密に連絡を取り、スムーズに引渡しまで進みました。弊社ホームプランナー不動産売買はもちろん、相続、隣地とのトラブルも1つ1つの案件に専門家と共に対応させて頂きます。

名古屋市西区 土地の売却

名古屋市西区土地の売却事例
売却価格1000万円査定価格900万円
詳 細

相続した不動産の売却依頼です。
対象不動産は、駅徒歩圏内にある築50年以上経過した戸建住宅でした。
売主様のお話しだと、道路は狭く、建替えができないのではないか?その為、売却自体ができないのではないか?と心配されているご様子でしたので、私の経験上から、価格は別として基本的に不動産で売れないものは無いことをお伝えし、気持ちを落ち着けて頂きました。
現地確認・調査したところ、前面道路は幅員約2mの為、新たに建替えができるかどうか名古屋市の調査が必要でした。結果、土地の一部は道路扱いとなりますが、市の許可が得られれば建替えは可能との返答が得られました。
販売価格については、一般公道に接した土地ではないので、近隣相場より価格が下がってしまうこと、近隣の方が購入しない場合は長期化する可能性があることをお伝えし、売主様にご理解・ご納得して頂きました。
早速、近隣の方に話をしに行った所、予想よりも高い価格で購入したいとの申し出があり、長期化することなく取引することができ、売主様にとても喜んで頂くことができました。

小牧市 土地の売却

小牧市土地の売却事例
売却価格1750万円査定価格1700万円
詳 細

地元帰省による自宅売却です。
 商品に置き換えた場合、中古戸建として売るか、住宅用地として売るか・・・建物は経年程度の劣化が見受けられる築30年程の軽量鉄骨住宅。このご自宅を経験則から判断すると、住宅用地とした方がその商品価値は圧倒的(南西角地で地形良好)に高くなる不動産でした。 ただ、そうした(住宅用地として販売)場合、売主様からすると解体費用のコスト負担が重荷になります。売主様としては中古戸建(まだ住めるという判断)で販売したい。個人的には住宅用地(戸建としては厳しいと判断)として販売したい。
 売却依頼を受ける為には、売り難いと分かっていても売主様の意向に沿う事は必要です。ただ一方で、売れる商品かどうかを見極めそれを伝えて理解して貰う事も必要です。全く無意味な売却依頼を受ける程、つまらない媒介契約はありません。
この事例では“戸建宣伝も並行して行う”“住宅用地として手が挙がった場合は価格交渉を抑える”この2点を約束して住宅用地としての販売を了解頂きました。
結果、価格交渉無しの住宅用地として売買が成立したのですが、その時に私を選んで良かったと言って頂いた時は営業マンとして最高に嬉しい気持ちになった瞬間です。

瀬戸市 土地の売却

瀬戸市土地の売却事例
売却価格16500万円査定価格16000万円
詳 細

事業撤退による跡地処分です。
5000㎡を超える土地なのですが、個人向けの一般的な不動産と違って、このような事業用不動産は立地次第でその価値は相場より高くも安くもなります。
商業地、駅近、住宅街、工場専用など、用途がある程度絞れていれば、その用途に見合った事業者との折り合いの中で売れて行きますが、町はずれの何とも言い難い中途半端な立地の場合は相当苦労します。
この土地は正にそれに該当していたのですが、売主様もその事を自覚していましたので、長期的なスパンで進めて行く事に理解をしてくれた事は販売する側としては救いでした。
宣伝活動により全国の多種多様な事業者から問い合わせはあるのですが、当然ながら詰めの段階まで簡単には話は進んで行きません。その間、期間の猶予には理解はしているものの、テンションが下がったりストレスも溜まる時期もありました。
その時は、不安(売れるのか・・・)である気持ちの共感、諦めてないと言う意思表示をする事によって、また前向きな気持ちを取り戻せるものです。
結果的に売主様の不安が解消されたのは約1年後でしたが、元々伝えていた通りの期間内に決着したので、個人的には全て予定通りに事が運んだ一例に過ぎません。
この辺りは、売主様と業界に携わる者としての温度差はありますが、その温度差を縮めながら関係を築いていく事も営業マンの役割なのかもしれません。

登録件数:94件