ホーム > 不動産売却事例集

不動産売却事例集

名古屋不動産売却110番が取り扱った事例をご紹介します。
ご紹介する事例は、ご本人様の承諾を得た上で、
仮名でのご紹介とさせて頂いております。
売却をお考えの方の参考になれば幸いです。
※物件のイラストはイメージ画像になります。

  • 種別
  • 全体
  • 土地
  • マンション
  • 一戸建て
登録件数:105件

名古屋市北区 一戸建ての売却

名古屋市北区一戸建ての売却事例
売却価格700万円査定価格500万円
詳 細

相続した古家の売却相談を頂きました。
調査をしたところ、築古の連棟式建物で、更には土地が隣地との共有持分という非常に売却が難しい物件でした。
更には、数日中には契約をして現金化したいとのご相談でした。
状況的に売却することが難しい物件をすぐに現金化するには、不動産業者での買取りしかありませんでした。ただし、買取りといっても調査の時間もままならない物件のため他社で査定をする時間もなく弊社で買取ることになりました。
売主様からは思い通りに現金化出来たと非常に喜んでいただけました。
弊社では、不動産仲介業ではなく買取り再販事業も行っており、スピーディーに決済がとれるため、難しい案件や即金化をご希望の場合はご相談ください。

春日井市 一戸建ての売却

春日井市一戸建ての売却事例
売却価格3000万円査定価格2900万円
詳 細

築21年の有名ハウスメーカーの中古戸建を処分したいとご相談頂きました。
ご近所に再度新築された新しい家にも借入がない方でしたので多少時間はかかっても高く売却したいとのご希望でしたが、もともと2件分の建売用地の真ん中に1件を贅沢に建てた家なので総額が高くなってしまいます。建物は十分使用できるのにほぼ土地代金のみの価格設定でしたがなかなか成約には至りませんでした。
21年お手入れをしたことのない建物だったので改装費がかさむのが原因です。
内覧された方々が外壁、水回り3点セットの位置変更、間取変更、玄関、全床、全クロスで見積もりを取ったところ1000万越えの改装費だったので2800万にしてほしいと何度もお願いされましたが、売主様の希望に届きません。提案力のあるリフォーム屋さんと何度も何度も打ち合わせを重ね、何とか700万で納得のいくリフォームプランに収まりそうなので買主様のご希望の3000万円で成約できました。

小牧市 一戸建ての売却

小牧市一戸建ての売却事例
売却価格3450万円査定価格3200万円
詳 細

地元帰省による自宅売却です。
築年数が浅く拘り抜いた(使用した素材等も)注文住宅だったので査定するのは難しい物件でした。
土地価格は近隣相場や具体的な取引事例がありますのでお伝えし易いのですが、こういった建物を減価償却がどうのこうの等と言う単純な査定をしてしまうと売主様の機嫌を損ねてしまいます。
当時の建築コストは??設計段階で拘った点は??それに対し実際に住んでみてどうなのか??建築メーカーはどこなのか??何故そこを選んだのか??などなどを聞き出しつつ・・・・査定価格を伝える時は、経過年数によって価格がこの位は落ちる、ハウスメーカーネームバリューの有無、建物の品質や劣化程度も売却価格に影響する事を説明します。
また、近隣の新築分譲価格との価格差はどうなのか??似たような大きさで査定額が高過ぎないか??等々・・・。
査定価格はあくまで机上価格なので何とでも回答出来ます(高額査定は正に此れ!!)が、現実的な売却価格はそうは行きません。
売れる価格を見極め売主様に理解して貰う能力が必要で、それは営業マン個々のセンスや感性、経験則など、何より説得力が必要でしょう。
今回のケースは建物価値を的確に見極められたとは思っていません。何故なら極々近隣にお住まいの方の目に止まり、“どうしても欲しい”と言う方で尚且つおカネ持ちだったので販売価格そのままで売れたに過ぎないと思えるからです。
なので査定額以上で高く売れるかどうかは、“運”も必要と言う事ですね。

津島市神守町 一戸建ての売却

津島市神守町一戸建ての売却事例
売却価格3900万円査定価格3700万円
詳 細

築2年の築浅の戸建を売却したいとの査定の依頼がありました。
日程を決めて売主様のお宅へ訪問査定させて頂きました。売却理由を聞くと離婚の為で、土地面積100坪以上5LDKの家を一人で住むのは大きすぎるとの理由でした。
売主様のご要望といたしましては、まだ奥様方に引き取られた娘たちが近くの幼稚園に通っている為、チラシやネットでの売却で周辺に知られるのは避けたいので、一般ユーザーに公開するのではなく内々で売却してほしいとのご依頼でした。
買取業者への売却は相場より金額が低くなる旨ご理解いただきまして、買取業者に紹介していました。同時にこの周辺で探しているという既存のお客様にも紹介していたところ、近くで会社経営されている方が、丁度大きめで築浅の戸建を探していたと、即決で売主様が希望している金額で購入を決めていただきました。
不動産を売却する理由は、それぞれの事情で異なってきます、弊社では売主様のご要望に応え一番良い売却方法、少しでも良い条件で売却できるよう心掛けています。

名古屋市東区 一戸建ての売却

名古屋市東区一戸建ての売却事例
売却価格1350万円査定価格1400万円
詳 細

再建築不可の築50年の戸建を売却したいとのご依頼をいただきました。建築当時は33坪の土地でしたが、その後土地の一部20坪を売却してしまい残った12坪では同じ規模の建物の建築ができません。築50年の建物ですが過去に何度か改装してあり、使える状態でしたので収益物件として投資家の方にご紹介し成約に至りました。大型犬が飼いたい方や軽作業をしたい方等、戸建賃貸の需要はまだまだあると視点を変えたことで成約できたと思います。

日進市 一戸建ての売却

日進市一戸建ての売却事例
売却価格3750万円査定価格3700万円
詳 細

諸事情による自宅売却の依頼です。
他社に依頼中ですが全く売れないと言う事でご相談があり、後追いで参入した形で販売開始致しました。お受けした時の販売価格は私が査定する上限価格に対し、約5%上乗せした価格(そこそこ割高)。築浅の大手ハウスメーカー注文住宅で良質な建物、近隣の新築分譲住宅と比較しても何ら遜色は無かったのですが、それでも勝算は五分五分とご説明致しました。その上で、売主様には次の3点をご理解頂きました。

1.弊社が携わるまで3ヶ月以上を要しており、中古市場内において物件情報のフレッシュ感は無いので弊社の宣伝力を持ってしても集客には苦戦すること。

2.売手側の価値観だけで決めた販売価格は消費者に受け入れられない事も大いにあること。

3.売却する価格が希望価格を下回ったとしても相場価格であれば受け入れること。

特に3.は重要なのですが、売却価格でローン残債をどこまで補填出来るか(言い換えれば持ち出し資金が幾ら必要になりそうなのか・・・)私からすれば、持ち出し資金を幾らまでなら出せるのか??が、この依頼を成就する為のポイントでした。
その点は売主様にヒアリングをして、その上で五分五分と判断をしたのですが、受け持って約1ヶ月で候補が見つかり、その約1ヶ月後に契約に至りました。
不動産は“どこどこに依頼すれば高く売れる”と言う事でなく、その物件本来の価値を見極められる営業マンが居て、その価格でキッチリ売り切ってくれそうな宣伝力=販売力のある業者、更にその営業マンのプレゼンにご自身が納得出来れば、その業者(営業マン)は必ず貴方にとって満足のいく取引を成立させてくれます。
補足:買手にとってもこれは良い価格です。買手からすれば中古(築3年)ですが、全く同様の建物をこの価格では到底建てられないですから。

名古屋市北区(収益物件) 一戸建ての売却

名古屋市北区(収益物件)一戸建ての売却事例
売却価格6050万円査定価格6000万円
詳 細

3年半前に購入して頂いてお客様から収益物件の依頼を頂きました。購入当時は不動産全体が下火で価格も今の状況で考えると非常に安価な時期でした。去年の年末までは不動産市況全体で非常に良い状況が続いておりましたが今年に入ってから少しずつ変化が見られてきました。(新築マンションの売れ行き悪化、金融機関の融資引き締め等)今回は積算価格と収益還元価格のバランスが取れている物件でしたので売主様ご希望条件で売却できました。

今回のお客様は当社で取引頂くのは4回目であり不動産売買のことは全てご相談頂き、まかせて頂けます。信頼を積みかねていき、お客様の事を考え取引することにより自然とまた相談して頂ける関係性が築けていくことがわかる取引でした。

稲沢市 一戸建ての売却

稲沢市一戸建ての売却事例
売却価格890万円査定価格670万円
詳 細

任意売却の相談を頂きました。
相談を受けた時点では滞納をしてはおりませんでしたが、頑張っても3ヶ月くらいで支払いが困難になるので売却したいとのことでした。査定をしたところ、残債に対しての価格が大きく下回っており、任意売却以外の方法では売却が難しいとの結論となりました。
任意売却の場合、金融機関にもよりますが一般的には滞納開始から約6ヶ月で不動産仲介業者が任意売却として活動が出来るようになります。
今回は、残り3ヶ月支払ったとしてもその後は困難になるとあらかじめ伺っていたので、次の支払いから滞納してもらい、その分を転居費用に充てることで少しでも現状の負担を減らせるような方法をとって頂きました。(支払いをとめればその分の負債は売却後に債務として加算されますが、現在の状態を考えると少しでも手元のお金を残す方法を取ることが望ましい場合もあります。)このような方法が取れることも分からなかったので、当初から相談して、売却後のことまでしっかりしたと説明を受けられ、不安が解消できたので良かったと言って頂けました。
任意売却のご相談をされる方の多くは、現状や売却後のことについて色々な不安を抱いております。ただ、悩んでいても時間だけが過ぎていき、相談したころには手遅れということもありますので、まずはご相談頂ければと思います。

名古屋市中区 一戸建ての売却

名古屋市中区一戸建ての売却事例
売却価格890万円査定価格850万円
詳 細

中区の区分所有マンション(1DK)の売却相談を受けました。
売却を開始した際は賃借人がいる収益物件として販売しておりました。
販売開始後2ヶ月後に賃借人が退去してしまった為、売主様より販売価格見直しのご相談がありましたが、本物件は1DKですが45㎡あり一部の銀行では住宅ローンの取り組みが出来ることが解った為、収益&居住用物件の両方販売方法にて売却させて頂けることをご提案させて頂きました。
その結果、居住用物件として掲載1週間後には居住用物件として使用予定のお客様にお申し込みを頂くことができました。

収益物件の売却としてのご相談を受けた物件ですが、居住用物件の販売という弊社の基よりの強みを活かせた売却事例となりました。

津島市 一戸建ての売却

津島市一戸建ての売却事例
売却価格790万円査定価格750万円
詳 細

一年以上売りに残っている為、何とか成約したいと依頼を頂きました。建物に関しては、築年数の経過、空家での期間が長かったため、劣化がひどく建物付での売却は難しいと思われました。売主様は解体費用が負担できない、現状での販売を希望との事でした。内覧の問い合わせが多数入りましたが、成約までたどり着けず、苦戦を強いられました。その中で、住宅メーカー各社に協力を呼び掛けたところ、新築ご検討のお客様のご紹介があり、交渉を経て、買主様での建物解体を条件に無事ご成約となりました。

今回の様に現状のまま住むのは難しく、現況での売却が困難なケースも多く見られます。そのような時は、住宅メーカーなどで、建て替え等、多角的な点でお客様に提案させて頂き、成約まで導かせて頂きます。

登録件数:105件