ホーム > 不動産売却に掛かる経費・税金

不動産売却に掛かる経費・税金

不動産売却には、いくつかの必要な費用があります。
売却金額が、全額そのまま売り主のものになる訳ではありません。
仲介を依頼する不動産会社には当然、仕事を依頼したのですから、
手数料が発生しますし、その他にも、必要となる税金や経費があります。
後になって慌てないためにも、しっかりと確認しておきましょう。

仲介手数料

不動産媒介契約を結んだ仲介会社により、「不動産売買契約」の成約に至った場合、仲介会社へ手数料を支払います。
手数料は不動産媒介契約に記載されており、仲介会社や、売買の金額により異なりますが、売却価格の3%?5%+数万円となる場合が多いようです。
大抵の場合、不動産売買契約の締結時に50%、物件の引き渡し時に残りの50%を支払います。

(参考)仲介手数料の一例

売買金額1,000万円の場合
1,000万円×3%*+6万円*=36万円(税別)

*……仲介会社により異なります。

その他経費

売却物件が住宅ローン等で抵当に入っている場合、抵当権の抹消費用や、司法書士への依頼料等が必要になります。
他にも、面積を測るための測量が必要な場合の測量費、売却前のリフォーム・クリーニング費用や、引っ越し代金等が必要になる場合があります。

印紙税

売買契約書に貼付する印紙代で、売買の金額に応じた額面の印紙が必要となります。

所得税・住民税

物件を売却し、譲渡益が発生した場合に必要となります。
長期所有か、短期保有か、住居用財産であったかなどにより、税率が異なります。
詳しくは管轄の税務署などで相談すると良いでしょう。