ホーム > 売却の流れ

売却の流れ

最近はインターネットの普及により、不動産購入者も以前に比べて遥かに豊富な情報を持っています。
まずはしっかりと、不動産売却の流れをつかみ、余裕を持った売却プランを立てていきましょう。

1.不動産の売却をお考えなら

まずは、実績と経験が豊富な不動産業者へ適正な価格や、売却の方法、期間などについて、相談しましょう。
売却の目的や、状況に応じて最適なプランを見つけましょう。

詳しくはこちら

2.簡易査定~現地査定

不動産売却の最初の一歩は、まず売却を希望される物件が、今現在どのくらいで売れるのかを知ることから始まります。
現地調査では、 実際に不動産の状況を査定スタッフが拝見します。

詳しくはこちら

3.媒介契約の締結

査定額に納得できれば、その不動産業者と「媒介契約」を結びます。
査定額を元に、売り出し価格を決定し、販売活動を開始します。

詳しくはこちら

4.販売活動・活動報告

媒介契約を結んだ不動産業者は、契約の種類に応じた販売活動と報告義務を負います。
オープンハウス(現地内覧会)など活動の内容によっては、売り主の協力が必要になるものもあります。

詳しくはこちら

5.購入希望者との交渉~売買契約の締結

購入を検討される方が見つかりましたら、売り主と購入希望者双方の希望する売買条件をまとめるための交渉が始まります。
双方が売買の詳細な諸条件を確認し、合意されますと「不動産売買契約」を締結します。

詳しくはこちら

6.引渡し~確定申告

「不動産売買契約」を交わした後は、売り主は様々な準備が必要になります。
また、代金の受け取り後は確定申告が必要になる場合があります。

詳しくはこちら