ホーム > 売却の流れ > [4]販売活動・活動報告

売却の流れ

最近はインターネットの普及により、不動産購入者も以前に比べて遥かに豊富な情報を持っています。
まずはしっかりと、不動産売却の流れをつかみ、余裕を持った売却プランを立てていきましょう。

1 2 3 4 5 6

4)販売活動・活動報告

専属専任媒介契約および専任媒介契約を結んだ不動産業者には、契約の種類に応じた販売活動と活動の内容についての報告義務が発生します。
活動の内容によっては、売り主の協力が必要な場合があります。
より良い売却活動のために、できる事は積極的に行う様にしたいものです。

売却活動

一般的な売却活動の例です。

インターネットを利用した販促活動
  • ヤフー不動産など、大手ポータルサイトの活用
  • オークションサイトの活用
  • 仲介会社のウェブサイト上での情報掲載
広告の利用
  • 新聞折り込み広告への掲載
  • ポスティング広告への掲載
その他の活動
  • 不動産情報誌への掲載
  • 不動産会社の店頭での広告・紹介
  • レインズ(指定流通機構)への登録
  • オープンハウス(現地内覧会)の開催

各媒介契約の特徴

専属専任媒介契約の場合は、1週間に1回以上。専任媒介契約を結んだ場合は2週間に1回以上の、売却活動についての報告が受けられます。
報告は書面で行われ、どういった内容の活動を行い、どういった反応が得られたかが記載されています。

現地内覧会(オープンハウス)について

効果的な販売促進活動として、現地内覧会(オープンハウス)の提案を受ける事があります。
当日は、実際の売却物件に購入希望者を招き、室内などを見て頂きます。
当然、売り主様の協力が必要ですので、事前にしっかりポイントを押さえておきましょう。

売却で成功するために~現地内覧会(オープンハウス)~