ホーム > 売却の流れ > [5]購入希望者との交渉~売買契約の締結

売却の流れ

最近はインターネットの普及により、不動産購入者も以前に比べて遥かに豊富な情報を持っています。
まずはしっかりと、不動産売却の流れをつかみ、余裕を持った売却プランを立てていきましょう。

1 2 3 4 5 6

5)購入希望者との交渉~売買契約の締結

購入を検討される方が見つかりましたら、売り主と購入希望者双方の希望する売買条件をまとめるための交渉が始まります。
双方が売買の詳細な諸条件を確認し、合意されますと「不動産売買契約」を締結します。
契約時には、登記簿の内容や契約条件など、しっかりと確認しましょう。

購入希望者との交渉

購入価格や、支払い条件、引き渡しの時期などについて、購入希望者から条件の提示があります。
売り主は提示された条件を確認し、実際の交渉に入るとかどうかを判断します。
交渉に入ることを決めた場合、一般的に仲介する不動産会社がその後の交渉を行います。
過去の事例等を参考に、双方の条件を具体的に調整していきます。

売買契約の締結

双方が提示された売買条件と附随する諸条件を充分に確認し、合意至ると、不動産売買契約を交わします。
売買契約をする上で疑問に思う点や、理解できていない部分などがあると思う場合は、不動産会社へ説明を求め、充分に内容を理解し、確認した上で、契約をしましょう。
些細な取り決めであっても、口頭での約束は避け、書面に記す事でトラブルを未然に防ぐようにしましょう。

契約時に必要な物
  1. 権利証
  2. 管理規約書・建築確認通知書など
  3. 固定資産税納付書
  4. 実印
  5. 印鑑証明書(3ヶ月以内の物×1通)
  6. 印紙代(売却金額による)
  7. 仲介手数料(媒介契約の支払条件による)
  8. 前項7に掛かる消費税・地方消費税
代理人が契約を締結する場合

代理人を立てて契約をする場合、
次の物も必要になります。

  1. 委任状(売り主本人の署名と実印の押印が必要)
  2. 代理人の実印
  3. 代理人の印鑑証明書(3ヶ月以内の物×1通)

契約を交わした後は

不動産売買契約の締結後は、売り主に対し、物件引き渡しにともなう諸々の義務が発生します。
契約書に記載の条文に則り、所有権移転の申請などの義務を履行しなくてはなりません。
不明な点・困った点などは、媒介契約を交わした不動産会社へ相談しましょう。