ホーム > 不動産売却の特徴とメリット

不動産売却の特徴とメリット

不動産の売却は、その目的や理由により
最適な方法が違います。
不動産媒介契約を結んで行う場合の売却とは、
どんな方に適した売却法なのかを
把握しましょう。

仲介による不動産売却の特徴

仲介業者へ依頼することで、様々な販売活動を行う事ができます。
そのため、広く購入希望者へアピールでき、より希望に近い条件での価格が可能になります。
ただし、物件や希望条件によっては売却までに長期間を要する場合もあり、売却を急ぐ場合には注意が必要です。

仲介による不動産売却のメリット

  1. 査定価格を参考に、納得のいく価格で売却ができます。
  2. 住み替えの場合、引き渡しまで住み続けながら、売却活動を行えます。

仲介による不動産売却の注意点

  1. 売却までに長い期間が掛かる事があります。
  2. 売却活動の内容によっては、購入者への内覧など売り主の協力が必要になります。
  3. 物件の売却後は「瑕疵(かし)担保責任」を負いますので、雨漏りやシロアリなど、
    物件が抱える問題への対応が必要です。