ホーム > 任意売却 > [1]任意売却とは?

任意売却

経済的な変化などにより、ローンの返済が困難になってしまった場合、
なるべく早めに不動産会社へ相談しましょう。
滞納し始めてからの経過時間により、提案内容は不利なものになります。
特に、競売の入札時期が決定してしまうと、任意売却に応じてもらえない
場合も多くなります。

1 2 3 4

任意売却とは?

任意売却

ほとんどの方は住宅などの不動産を購入するにあたり、銀行等の金融機関から住宅ローン等の融資を受けます。
そのとき、金融機関は融資の担保として、購入した不動産などに抵当権を設定します。

もしローンの返済が困難になり、住宅ローンの支払が約2ヶ月滞ると、債務者は債権者からの呼び出しがあり、話し合いが求められます。
その後、再度滞納があると、期限到来までは債務の履行をしなくても良いという、債務者の利益が失われる、「期限の利益の喪失」となり、残債務の一括支払を求められます。
殆どの場合一括返済は困難な状況ですので、その後は、差し押さえを経て、担保物件は競売に掛けられます。
落札後は、強制的に立ち退きとなります。

任意売却とは、債務者と債権者との合意の上で、物件の抵当権を解除し、本来競売に掛けれるはずの不動産を、一般市場で任意に売却することで、債務者と債権者双方の損失を軽減する方法です。